シミ 予防法

シミの予防方法について。

シミの予防法について

 

シミは紫外線や外からの刺激や活性酸素などによって引き起こされます。シミにはいろんな種類があります。

 

できるだけシミはつくりたくないものです。そのため、予防を行うことでシミができないようにしましょう。

 

例えば、肝斑というチプのシミは20〜40歳代の女性に多くできるシミの種類です。妊娠中であったり、婦人科の病気や更年期障害がある人などができやすいといわれています。

 

予防法としては紫外線を避けることと、ホルモンの影響でできるシミなので、ホルモンが正常な状態になればなくなるといわれています。炎症性色素沈着は化粧品が合わなかったり、ニキビができた後にできたりするシミで、時間の経過とともに自然に薄くなっていくと言われていますが、予防は紫外線を防ぎ、スキンケア用品で肌を整えることがおすすめです。

 

老人性色素沈着は日光に当たらないのが理想的です。紫外線予防化粧品などを用いて紫外線対策をすることが大切といわれています。

 

また、ソバカスは遺伝的なものと言われ、ソバカスは紫外線に当たることでできると言われ、小さな頃からの紫外線対策を行うことが有効な予防法と考えられています。このように、シミには種類があり、その種類に応じて予防法を講じると有効といえます。

 

特に紫外線には注意することが重要です。