シミ 原因

シミの原因は何?

シミの原因について

 

シミはメラニンの過剰生成が原因で発生します。メラニンはメラノサイトという物質によって作られます。

 

メラノサイトに刺激を与えるとメラノサイトが活性化してメラニンの生成が活発になってシミができやすくなるのです。そのようなメラノサイトを刺激する原因になるのが紫外線や活性酸素、炎症などです。

 

紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。UVBは波長が短く、直接的に皮膚細胞のDNAに影響を与えると言われています。

 

紫外線を浴びなくなるとメラニン色素は作られなくなって、皮膚のターンオーバーによって肌の色がもとにもどるのですが、皮膚細胞のDNAが傷ついてしまうと、メラノサイトが活性化されたままで、シミの発生につながるのです。また、活性酸素のシミの原因になります。

 

活性酸素が発生すると、発生した活性酸素を除去しようとしてメラノサイト刺激ホルモンの分泌が行われます。そのことでメラニンが生成されてシミになるのです。

 

このような刺激ホルモンを発生させる原因には紫外線だけでなくストレスや電磁波、食品添加物、便秘、寝不足などが挙げられます。また、ニキビができて跡になるとシミの発生につながります。

 

皮膚の炎症もメラノサイトの活性化につながり、メラニン色素の合成につながるのです。